スイーツ教室

あんこの炊き方 (こしあん編)

こんにちは、Junです。

マッスルキッチン・スイーツ教室、

第1回目は『あんこの炊き方』です(*´ω`*)

 

自宅であんこを作るメリットは2つあると思います。

① 甘さ控えめさっぱりあんこ
② 出来たては美味しい

市販のあんこは糖度50%以上ありますが、日持ちさせるために甘く作っています。自宅で作る分には40%以下でもOK。甘さ控えめの出来たてあんこはとても美味しいですよ(*´ω`*)

材料:

小豆 200g
砂糖 80g
重曹 ひとつまみ
適量

重曹を入れるとあんこの皮がやわらかくなります。甘いのが好きな方は、砂糖を100g以上にしてOK。

作り方:

① 小豆を洗い、鍋にたっぷり水(小豆の倍量くらい)をはり、小豆を入れて火にかけます。

② 沸騰したら、お湯を全てすてて再度水を入れて火にかけます。  

沸騰したお湯を1度捨てて、綺麗な水からもう1度煮立てることで小豆の渋みを取ることができます。

③ 沸騰したら、さし水をします(400ccほど)。再度沸騰したら、もう1度さし水。

さし水は小豆に均等に火を通すためです。さし水をしないと小豆の外側にばかり火が通ってしまいます。

 

④ 重曹をひとつまみ加えて、沸騰したら弱火に落として小豆が柔らかくなるまで煮込みます。お湯の量が少なくなってきたら、その都度水を足して小豆が常にお湯にかぶっているようにします。

煮込み時間は小豆の粒の大きさにもよりますが、この分量だと①から通して1時間半ほど煮込みました。目安は上から押すと小豆が潰れるようになればOK。

 

⑤ 小豆が押すと潰れる柔らかさになったら、ボールとザルの上にあげます。ヘラでザルの側面に押し付けるように小豆を潰します。ザルで小豆をこして『こしあん』にしています。

⑥ 小豆の皮と中身を分けることができました。

⑦ こし終わったボールにたっぷりの水を加えてしばらくおくと、うわずみの水と沈殿物に別れます。流しでボールを傾けて、うわずみの水をすてます。終わったら、もう1度水を加えて繰り返します。

⑧ ボールとザルの上に綺麗なふきんを敷いて、⑦の沈殿物を流し込みます。

⑨ ふきんをチカラいっぱいギューッと絞ります。こうして出来たのが『生あん』です。

⑩ フライパンに砂糖と水(20-30cc)を入れて強めの中火にかけます。砂糖が溶けたら『生あん』を加えて水分を飛ばしながらヘラで練ります。指にくっつかない程度になったらOK。

⑪ 粗熱が取れれば出来上がりです。

冷蔵庫で1週間程度なら保存できます。冷凍もOKです。

バターと一緒にトーストやロールパンに挟んだり、小さな白玉団子をくるんであん団子にしても美味しいですよ(*´ω`*)

ちなみに『マッスルキッチン』と銘打っていますが、スイーツ教室編においては筋肉に良いとか痩せるとかいう効能はございません。純粋に美味しいスイーツの作り方を紹介しておりまっする。

それでは!